世界はまだ油断してるから

4歳と1歳半の男の子ふたりの子育てを父親目線で紹介します

意外に4歳児が気にしていたこと

f:id:kinakonan:20160310143745j:plain

 

前回の記事で書いた通り、こちらのブログでは育児ネタの更新をしていこうと思う。

 

さて、今日はダイエットの話。

 

先日、体重計に乗ったら過去最高の数字になっていた。そういえば確かにお腹周りがやばい。

 

ベストから4kgもオーバーしている。これは減らさなきゃ。

 

ダイエット計画を始動

 

具体的にはご飯や麺類を減らして、野菜などを多く採るという方針にした。あとは週末に運動する。

 

ということで昨日の夜はここのサイトに出ていた  

kurashi-no-kihon.com

かみなりこんにゃくを作って食べてることにした。

 

固い決意をして帰ってきたのに、家に帰ると4歳の長男が「遊ぼ~う」と近づいてくる。

 

「パパはダイエットやるんだよ」と言いながら、こんにゃくを切っていると「僕もダイエットやる!」と隣に着いてきた。

 

料理ができたので、ダイニングテーブルに二人で座った。なかなか美味しそうだ。    

 

気にしてたんだ・・・

 

さっきからやたらとダイエットと言っているけど、果たして彼はその意味が分かっているのだろうか?

 

試しに聞いてみた。

 

「ねぇ、ねぇ、ダイエットってどういう意味だと思う?」

 

 「えっと、いっぱい食べて大きくなりましょう」

 

 「逆だなぁ、逆。あのね、パパは太っちゃったの。お腹見て、ほらデブでしょ?」

 

洋服をめくってお腹を出して脂肪をつかむ。子供も僕のお腹の脂肪をつまむ。なかなかの量だ。

 

すると急に息子が沈黙した。そのあとに「あのね、実は僕もそうなんだ」と言って洋服をめくってお腹を出した。

 

食卓のオレンジの光の下に幼児特有のぽっこりお腹が出てきた。まん丸だ。

 

「僕もデブなんだ・・・」と落ち込む息子。

 

うん、知っている。服着てても分かるよね。

 

あれ、ひょっとして意外と気にしてたの? いや、4歳とかそんなもんでしょ。

 

なんだかすっかりしょげた感じの息子のお腹を二人でつまみながら「ね~お肉あるでしょ」とやっているうちに、いつしか笑顔になっていた。

 

なんか意外な悩みが出てきて驚いちゃった。気にしてたんだ。

 

それにしても食事とか気にしだしたらまずいな。

 

これから息子の前でデブネタは禁止だな。

広告を非表示にする