読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はまだ油断してるから

4歳と1歳半の男の子ふたりの子育てを父親目線で紹介します

うちの息子は天才か?ギター演奏はまさかの●●だった!

気付けば息子は4歳11ヵ月。来月には5歳になります。 そんな彼は相変わらず、ち●●んネタが大好きです。 先日も1歳の弟と、引っ張り合いをしていて急いで止めました。 女の子はどうか知りませんが、男の場合は飛び出してますので、やはり気になるようです。 …

4歳児が急いでいる時に言った言葉に1秒だけ救われた話

久々の更新。 便りがないのは元気な証拠と一緒で、書かなかったけど、みんな元気です。 気付けば、長男は4歳と8ヵ月。次男は1歳と4ヵ月になっていた。 毎朝、この二人を連れて保育園にいく。 というのも、嫁は僕よりも先に家を出て会社に行くので、仕方なく…

おばあちゃんはママのママなのです

4月に下の子が保育園に入った。 そしたら、途端に病気ばっかり。上の4歳の子も含めて、毎週どちらかが交代で病気している印象。 嫁が働き始めたこともあり、仕方なく、うちの母親と嫁の母親に来てもらいながら、なんとか日々をやり過ごしている。 最初は警…

4歳児の母親への愛に罪悪感すら感じる話

さいきん4歳の息子の流行りはお地蔵さん。 ママがプールに行っている時に、近所のお地蔵さんに二人でお参り(手を合わせて願いごとをいう)をしたんだけど、それ以来、お地蔵さんというワードが会話の中でよく出てくるようになった。「お地蔵さんは歩けない…

息子のち○ちん、う○ち期の不可解な発言

なんだか、ずっとざわざわした嫌な気持ちが続いている。 先日の記事に対して「ステキなご家庭」というコメントをいただいたのだが、そんなことは無いからだ。 そして、ツイッターのタイムラインには「リスクをとらない人の文章は面白くない」と書いてある。 …

子どものテストはドキドキすぎて自分でやった方がラクだ

先日、子どもがスイミングに通い始めた、ということを書いたが、土曜日に進級テストがあった。 この日は嫁の妹も来て、家族総出で見に行く。 最初に僕と息子が先発することになった。手をつないで歩いていると「何ももらえなかったらどうしよう」と珍しく弱…

子どものまっすぐな言葉にドキリとしました

2月から4歳の息子がプールに通い始めた。 スポーツクラブに行っているので週に1度で月に7000円ぐらいかかる。 恐るべき世田谷区。僕も小さい頃に通ってたけど、親はそんだけ払ってたんだね。携帯1台と一緒だ。 それでもやはり泳ぎは上手くなって欲しいので…

乙武さんはなぜモテるのか

先日、乙武さんがいままで5人の女性と不倫していたことを認めたことがニュースになった。 このニュースにモヤモヤした人は多いのではないだろうか? 人格は別にして、ベッドの上でのパフォーマンスでは俺の方が上なのに、なにが一体。有名人だから? いや、…

育児中のママを応援する癒しの歌ベスト3

昨日はパパソングの話を書いたのですが、読者はママの方が多いので、ママソングについても書いてみようと思います。 僕はあぁ辛いなという時はよく音楽を聞きます。 震災の時期は、それまで全く聞いていなかったのに急に小沢健二を聞き始めました。あの多幸…

河口恭吾の桜は至高のパパソングだった

先週のしくじり先生に河口恭吾が「桜」の一発屋歌手として出ていた。 内容としては「桜ソングで一発当てたけど、それ以降ヒットが出ず、苦しんだ」という話なんだけど、いくつか面白い話があったので紹介してみる。 桜はもともとドラえもんとのび太の関係を…

なんでみんな僕におもちゃをくれるんだろうと息子は言った

「うちにはおもちゃがいっぱいあるね。なんでみんな僕におもちゃくれるんだろう?」と言い出した。試しに「なんでだと思う?」と聞いたら「やさしくて、かっこよくて、あとママのお手伝いするからだと思う」と言っていた。おおぅ。すげぇなと思った。 長男は…

わんぱくでもいいたくましく育って欲しい【虫出てきます】

お昼頃、嫁から写真付きで連絡がありました。なんとお正月に嫁の実家の近くで捕獲して、虫かごに入れておいた、かまきりの卵が孵ったようです。しかも、すでに脱走しているとのこと。わんぱくに育ってほしい、という気持ちから、子どものために持ち帰った卵…

我が子をミュージシャンにしたいならこの絵本「ベンのトランペット」

星野源がテレビのインタビューで「家ではいつもジャズがかかっていた」と語るのを聞いた嫁は「ジャズを家で流さないと!」と言い出した。そして、その時に一緒に絵本「ベンのトランペット」を読み聞かせすれば、子どもは確実にジャズにはまるだろう。それぐ…

保育園児から言われた驚愕のパシリ指令とは?

その日は、みんなでご飯を食べていたら、左利きの息子と右利きの僕で肘がぶつかってしまいました。それでイライラした息子が「もうパパ!」と怒り出しました。その次に僕に向かって「パパ!もう公園に行ってどんぐり100個拾ってきて!」と言い出しました。で…

進級を嫌がった4歳の息子がいった一言に脱帽

先日、4歳の息子が通う保育園の進級お祝い会があった。早めに終わったので、ご飯を買って近くの公園に行くことにした。その時に息子を抱っこしながら、こんな会話をした。 「おめでとう。これでゆり組を卒業して、みかん組だね!よかったね」 「やだなぁ、ゆ…

子どもに死の意味を教えるのにおすすめの絵本「かないくん」

「かないくん」は、絵が松本大洋、詩が谷川俊太郎、装丁が祖父江慎という豪華メンバーで作られた本である。谷川さんは「スイミー」をはじめ、数多くの絵本で文を担当してきた人。その谷川さんが84歳になって書いたのが、同級生が死んだ話だった。お友達が死…

親が涙するおすすめの絵本「おおきな木」村上春樹訳

村上春樹訳の「大きな木」は良い物語なのか? いま絵本業界で話題になっている本に「おおきな木」という作品がある。なにが話題なのか、それは「これは良い話なのか、ひどい話なのか」という論争が日本で起きているからである。この作品は、1964年にアメリカ…

11ヵ月の息子が笑う鉄板ネタを見つけたよ

11ヵ月の息子が笑う動きが分かりました。答えはふいに生まれました。その前から彼が激しい手の動きが好きだと気付いていたので、その日、両手を高く上げぐるぐると回してみましたさらに足も地団太を踏むように激しく動かします。最後に決めゼリフの「ポゥ!…

あの日から5年で子どもが二人増えました

長男の妊娠が分かったのは、震災の年の5月だった。 地震と津波がひと段落したら、今度は放射能騒ぎが起こった。 テレビでは「ただちに影響は無い」という、逆説的には「将来的には影響がある」と何度も繰り返している状況での妊娠の発覚。逆算すれば、震災前…

子どもが生まれたらどうやって寝るの問題

子どもが増えた時に夫婦を悩ませるのが、どうやって寝るのかという問題。一人目の時はなんとなく、どうにかなったけど、二人目になるとそうはいかない。うちは子ども二人いますが、いま思うと一人目の時からこうしておけば良かったのがあるので、それについ…

意外に4歳児が気にしていたこと

前回の記事で書いた通り、こちらのブログでは育児ネタの更新をしていこうと思う。 さて、今日はダイエットの話。 先日、体重計に乗ったら過去最高の数字になっていた。そういえば確かにお腹周りがやばい。 ベストから4kgもオーバーしている。これは減らさな…

このブログの役割を決めました

wordpressも始めましたが、少しやってみて分かったことがあったので、こちらも活かして分散する形で進めようと思います。具体的には、はてなの方は育児ネタ、時事ネタにします。

Wordpressの世界からはてなブログを見ると

このブログをどう活用しようか悩んでいますが、こちらはこちらで活かそうかなと思っています。 今日は少しWordPressとはてなブログについて書いてみたいと思います。 やっぱり外から見ると「はてな村」というのは言い得て妙だなと思います。 村として作る、…

いつかこの決断を思い出して泣いてしまうかもしれない

密かに考えていたことがある。 読者が100人になったら「はてなブログpro」にしようと。 そのための準備を進めていた。 え~っと、とりあえず1ヵ月契約だな。はてなポイントを買おうっと。 ん、クレジットカードか銀行振り込みにすると履歴が残って嫁にバレ…

子どもが爆笑する往年の名ギャグはこれだ!!

さいきん子どもと一緒に寝るときにする昔話も尽きてきた。 そこで昔からたくさん聞いている落語をやることにした。 いまは「まんじゅうこわい」と「寿限無」をやることが多い。 「まんじゅうこわい」は、大勢で集まって「自分が何が怖いか」を発表していく中…

ブログ運営3ヵ月目で見えてきたこと

ブログ開始から約3カ月が経過したので、アクセス解析などを通して、これまで見えてきたものを整理してみようと思う。 スマホに広告貼ったらお金入った 僕は「はてなブログ」無料版を使っているんだけど、グーグルアドセンスの審査も通って、広告を貼っていた…

褒めて叱る方法を4歳の息子から学んだ話

育児本を読んでいると、たいてい「子どもをいっぱい褒めましょう」と書いてある。僕が読むのは、男の子の育て方が多いのだが、まずは褒めて自己肯定感を高めましょう、という意見が多い。 確かに、転職する時や恋愛の場面など、いざという時でも「自分なら大…

男の子二人の父となって

昨日、妊娠中の友達から「お腹の子は女の子でした」という話を聞きました。 すでに一人女の子がいるので、これで二人とも女の子です。 逆にうちは、二人とも男の子(4歳と10カ月)。これ以上増やす予定は無いので、女の子は育てない人生となります。 子ども…

息子が靴にいたずらをします

「チェブラーシカ」に好きなシーンがある。 ワニのゲーナが荷物を持っていたら、チェブラーシカが「僕が持ってあげるよ。代わりに僕を持って」といって、ゲーナに抱っこしてもらうシーンだ。 普通なら「おい、それじゃ余計重いだろ!」というツッコミになる…

出産後に嫁がイライラするのはホルモンのせいだった!

先日放送されたNHKスペシャル「ママたちが非常事態」を見て、びっくりしたんだけど、出産した女性が攻撃的になるのは、「オキシトシン」というホルモンに原因があるという。 まじか~。通りで怖いと思った。最近子どもができた後輩も口々に「嫁が怖い」とい…

夫婦喧嘩中に4歳の息子が言った言葉にびっくりした話

photo by César Augusto Serna Sz こないだ朝から夫婦喧嘩をした。 内容は些細なことだ、前日の夜に嫁が作ったお稲荷さんを、朝お弁当に持っていこうとしたら「あたしのお昼持っていかないで!」と言われたので、「ケチ、いらないよ!」といって会社に行って…

子どもにする昔話を自分流に演出してみた

photo by Harald Groven 半年ほど前から、子どもが寝る前に昔話をしている。 最初は桃太郎ばっかりだったが、最近は、鶴の恩返し、笠地蔵、シンデレラ、浦島太郎がラインナップに入っている。 とはいえ、毎晩のことなので、毎回同じように話すと、こちらも退…

9ヵ月の子どもが僕の乳首を見てくる件について

9ヵ月の息子が、僕のTシャツをひっぱり、乳首を見て、ニヤニヤしている。 「やめなさい」と言って、元に戻しても、何度も何度もしつこくやってくる。 嫁は外出しているから、おっぱいが欲しいのかなと思って、乳首を吸わせようとするが、それはいらないらし…

節分で暗黒舞踏をやったら子どもがビビりまくった話

昨日は節分だった。 子どもは朝から節分モード。 「おうちに鬼が来ないように、僕は保育園で鬼をやっつけるから、パパは会社で鬼をやっつけてね」と言われた。 僕は会社で誰に豆を投げればいいんだろう、と思いながら出社。手の中に豆を握り締めながら仕事を…

サッカーリオ五輪代表をオリンピックに導いた信じる力

今日はサッカーリオ五輪の話。 今回、最終予選を全部見たけど「日本強いな~」という試合は一試合も無かった。 弱いとは思わなかったけど、全部なんとか勝った感じ。それでも日本は出場権を獲得した。 なぜ日本は勝てたのか? それを今日一日考えていたけど…

保育園で息子がパパのちんちんの話をしないか心配だ

「いいか、保育園でパパのちんちんの話は禁止だよ、分かった?約束できる?」 子どもはニヤニヤと笑っている。 「分かったら、はーいは?」 「はーい!」 そういって子どもは保育園の中に入っていた。 不安だ。大丈夫かな。やつは本当に言わないんだろうか。…

ブログは「心のサードプレイス」になる

photo by Libby 2015年の11月27日にブログを始めてから約2ヵ月が経った。 アクセス数はアップダウンがありながら、右肩上がりで確実に増えている。 おかげさまで読者も59人となった。ありがたい限りだ。 あ、またあの人が読んでくれた、と感じることがすごく…

ちんちん屋はいつかできるのだろうか?

うちには4歳と9カ月の二人の男の子がいる。 おむつを変えたり、お風呂に入ったりと、何かと二人のちんちんを見る機会がある。 それはもう、かわいいものだ。 ふわふわと泡立てた石鹸の先っぽのように、ちょこんとしている。 色だって真っ白だ。そんなのが…

SMAPの会見を子持ちサラリーマンはどう見たか

建築家やデザイナー、カメラマンなど30~40代の男でスキル系の仕事をしていれば、「独立」を考えない人間はいない。必ず一度は考えるはずだ。 踏みとどまって会社に残るか、独立するか、その際のポイントとなるのが、結婚しているのか、子どもがいるのか、だ…

子どもが泣く満員電車で男性の一言に救われた話

photo by mikecog 今朝の雪のせいで最寄り駅は大混雑。 都心に向かうホームは人がぎっしりで降りれない状態だったので、反対方面に回って会社を目指す。 それでも電車は混雑している。そんな中で小さな女の子の「痛いよ~痛いよ~」という声が少し離れたとこ…

パパにおすすめのマンガはこれだ!「花男」松本大洋

同じ作品でも読む時期や自分の状況によって感じることは変わる。 僕が父親になってから読んで、一番感じ方が違ったのが、松本大洋のマンガ『花男(はなおとこ)』だった。 そこには僕の父親としてのスタンスの原点、こうあるべき、という姿が書かれていた。 …

4時起きをする人がいなくなってミニマリストがやってきた

photo by monkeyc.net うちの嫁が「ミニマリスト」に目覚めてしまった。 年末の大掃除前ぐらいから、家のものを捨て始めた。 なにやらそれに関連する本もたくさん読んでいる。 読んでもいない僕が影響されて、「もう欲しいものなんて無い」と言いだして、 週…

子どもと作る美味しい手作りドーナツの作り方

ドーナツは家で作れます。しかも、めちゃめちゃ美味い(お店出そうかと思うぐらい)。 コネコネして、穴をあけて、油で揚げるだけ。すごく簡単。 そして、この一連の動きに粘土遊びが好きな長男は大喜び! ということで、今日は子どもと一緒に作れるドーナツ…

息子はトイレで何をしているのか?

photo by daveynin 「パパ、ドアしめて!」と言って、息子はガチャリと鍵を閉めた。 トイレの前に取り残された僕は「大丈夫?」と声をかけたが、返事は無かった。 4歳になる息子のおむつが取れたのは、昨年の夏のことだった。 当時、保育園に行っておむつの…

昨日のママと今日のママは似てるね

「昨日のママと今日のママは似てるね」と4歳になったばかりの子どもに言われた。僕はよく子どもの言葉に上手く返せないのだが、この時も「えっ」っとなってしまった。子どもがまだ生まれたての頃、眠くなると必ず大声で泣き始めた。これから寝るのに、何で…

子どもにサンタだとばれてないか不安になる

photo by cuellar 今朝、サンタからのプレゼントを開けた息子は 「サンタさん、分かってるな~」と言った。 中に入っていたのはトミカ4台である。 分かっている、というがこの4台は自分がおもちゃ売り場で選んで、ママが「サンタさんのためにお店に預けて…

サンタは親と子どもの騙し合い

photo by Daniel Y. Go 今月21日は僕の誕生日だった。息子の誕生日は24日。3日違いだ。 僕の誕生日である21日は、家に帰って玄関を開けると、子どもがしゃがんでいて、ジャンプしながら「誕生日おめでとう」と言ってくれた。画期的な祝い方だ。なんだか嬉し…

パーティーにおすすめ!炊飯器で作るかんたんローストビーフ

photo by Dave77459 今年は塊肉が大ブーム。ローストビーフなんて家で作るの?と思ってたけど、外で食べると高いし、混んでるし、ということで自作をしてみることにしました。 いざ作ってみると、超かんたん。塩、コショウ振って、焦がして、あとは炊飯器に…

サンタと鬼が裏で繋がっていた!?嫁の一言にびっくり!

photo by Onion うちの息子は鬼が大嫌い。「鬼が来るよ」というと、走っていって部屋の隅に隠れてしまう。 クリスマスイブに4歳になる、わがまま盛りの年頃だ。 そんな彼を最近黙らせる方法は「サンタさんに言ってプレゼントあげないでくださいっていうよ!…

キングカズ流子育てを実践して心が救われた話

photo by aarongilson 「俺は父親になれないから長男になる」 キングカズのその言葉に驚いてしまった。 その言葉をテレビで聞いた時は、ちょうど最初の子どもが嫁のお腹の中にいて、僕自身は、そのだんだん大きくなるお腹を見ながら「ちゃんと父親にはなれる…