読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はまだ油断してるから

4歳と1歳半の男の子ふたりの子育てを父親目線で紹介します

保育園児から言われた驚愕のパシリ指令とは?

f:id:kinakonan:20160228121321j:image

こないだ子どもが夜中に水が飲みたいと言い出したんだけど、毎晩のことでその日はとくに眠かったので「よし、レモンって10回言って、言えた?ツバでた?飲んで、はい、寝るぞ」ってやってやり過ごしました。

 

よかった、良かったと思ったら、次の日に子どもが嫁に「ママ、レモンって10回言って」とやっていて、嫁が「なんでそんなこと知っているの?」となって「えっと、パパがね」となって、すぐに「ちょっとパパ!」となりました。生活の知恵なのになぁ。

 

はい、今日の話題はパシリについてです。
 
よく犬は家の中の序列を理解すると言いますが、息子も序列を学んできたようで、少しずつ僕の序列が下がっています。赤ちゃん、僕、4歳の息子、ママっていう感じです。
 
こないだは「パパ、だめでしょ、ももペチンだよ!」と言われて、モモを平手でぶたれました。
 
それぐらいは「痛いぞ、あはは」で済むのでいいですが、先日ついにパシリ指令がでました。
 

保育園児から言われたパシリ指令

その日は、みんなでご飯を食べていたら、左利きの息子と右利きの僕で肘がぶつかってしまいました。
 
それでイライラした息子が「もうパパ!」と怒り出しました。
 
その次に僕に向かって「パパ!もう公園に行ってどんぐり100個拾ってきて!」と言い出しました。でました。謎のパシリです。
 
高校生のパシリは焼きそばパンが定番ですが、保育園児だと「どんぐり」みたいです。
 
むかついたので「それなら焼きそばパン買ってこいの方がまだマシだよ。コンビニいけばいいし」と言ったら「ゴハン食べてるんだらパンはいらないでしょ!」という当たり前のことを言い返されました。
 
もちろん無視してやったら、次の日に「パパ、どんぐりはまだ?」と言ってきました。なかなか記憶力が良いところも憎たらしいなと思います。
 
あぁ、今日も曇り空が晴れないなぁ。
 
広告を非表示にする