読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はまだ油断してるから

4歳と1歳半の男の子ふたりの子育てを父親目線で紹介します

11ヵ月の息子が笑う鉄板ネタを見つけたよ

f:id:kinakonan:20160311200431j:plain

 

パパのライフはもうゼロです――。

 

この書き出しは「やめて!ハハのライフはもうゼロよ!」にインスパイアされた感じだけど、本当にもうライフゼロです。ぜーぜー言ってます。

 

何が起きているのか、それはかわいい11ヵ月の我が子の笑顔のためなのです。

 

ついに判明した11ヵ月の息子が笑う往年の動き

 

4歳の息子が爆笑するギャグ、それが「よっこいしょういち」だというのは、
以前のブログで書いた通りなのですが、もう一人の11ヵ月の息子の方が
ずっと分かりませんでした。

 

お腹が空いては泣き叫ぶ、ママがトイレに入ってはトイレのドアの前で泣き叫ぶ彼に何をすればいいのか――。

 

答えはふいに生まれました。

 

その前から彼が激しい手の動きが好きだと気付いていたので、その日、両手を高く上げぐるぐると回してみました。

 

さらに足も地団太を踏むように激しく動かします。

 

最後に決めゼリフの「ポゥ!!」の声とともに我が子を指差すと、見事に爆笑しています!!

 

そう、カズダンスです。

 

Jリーグ世代の必修科目はカズダンスだ!

 

僕は1978年生まれなので、ちょうど中学3年生の時に、Jリーグが開幕し、オレオレ言ってました。

 

僕はちょうど小6の時に連載開始された「スラムダンク」の影響でバスケをやってましたので「あれ、バスケが流行っているんじゃなかったの??」と、女子がサッカー部にキャーキャーいうのを見ながら思った記憶があります。

 

そんな世代のお調子者人間にとって、カズダンスなんて必修科目みたいなもんでした。

 

かわいい我が子の笑顔。やっと見つけた笑いのツボ。

 

嬉しくてうれしくて、僕は何度もカズダンスをしました。

 

調子に乗って「オーレオレオレオレ」とか歌ってます。

 

懐かしいです。もうJリーグカレーが食べたい気分です。ノリノリな僕。苦笑いの嫁。そんなの気にしません。

 

かれこれ15分は経ったでしょうか。

 

体は熱を帯び、疲れ果ててます。
すっかり体調不良になりました。。


その日はR-1があったのですが、それを見ずに寝ました。


大好きなザコ師匠のビッグなボイスと「ハンマーカンマー」が向こうの部屋から聞こえました。

 

年甲斐もなく、カズダンスなんてするもんじゃないですね。

 

でも、これ鉄板ですよ。1時間踊ればきっと1時間笑ってくれます。

 

11ヵ月の赤ちゃんの笑わせ方が分からない人はぜひ試してみてください。

 

それにしても、こういう経験を経て、人は「若い時に産んだ方が楽だよ」っていうんでしょうね。

広告を非表示にする