世界はまだ油断してるから

4歳と1歳半の男の子ふたりの子育てを父親目線で紹介します

3歳の息子の歌がプレイボーイすぎて怖い話

3歳の長男は、お布団にもぐるのが大好き。
なぜか「もぐの中に入ろう」と言います。
 
いつも定番でやっているのが、ふたりで布団に入っておしゃべりをする。
「おばけなんていないよね~」
パパが外から手を回して、毛布ごと子どもの頭をおさえつける
「うわ~おばけだ~」「大丈夫か、捕まえろ!」「わかった!」
と言って捕まえて、手を辿っていくとパパにたどりつく。
「パパの手だ!ということはおばけはパパだ!」
 
という遊びをほぼ毎週末やっています。
 
そんなお布団にもぐるのが大好きな長男にとって、夢のような場所がIKEA
 
大喜びでベッドに入って、パパを呼び、ふたりでいいねぇ、とか言いながらゲラゲラ笑っています。
 
そんなある日、珍しく長男が僕を寝かしつけようとし始めました。
 
なんだ、なんだ、何が始まるんだ、と思ったら、胸のあたりをトントンしながら「僕の~僕の~」と、迷子の子猫ちゃんの調子で歌い始めました。
 
ふーんこんな歌知ってるんだ、と思いながらぼんやりしていたら、「僕の~僕の~子猫ちゃん」とか言い出した。
 
なんだ、それ!どこのプレイボーイだ。すごいな。このペースで育ったらどうなるんだろう。
 
びっくりしちゃった。
広告を非表示にする